2009年2月アーカイブ

ランボルギーニのオーナーにとって、頭が痛いことの
ひとつに、バッテリー上がりがある。


pict-Blog024.jpg

 

何せ毎日乗らないし、カットオフを切っていたって微弱な
電流が流れているので、3ヶ月を超えるとヤバイです。

あまり神経質になるのもアレですが、まぁ出掛けなくても
月に一度は念のためエンジンを掛けてあげましょう。

そのようにしてファントムのエンジンが掛かったら、一応
少しばかりは暖機しよう。 
もちろんエンジンは丈夫なのだが、油圧制御が多いので、
いきなり走り出すより安定させるに越したことは無い。

コラムの右側にある華奢なシフトレバーを手前に軽く引いて下げ、
Dレンジに入っていることをインジケーターで確認する。

シフトレバーったってスイッチみたいなもので、フットブレーキを
しっかり踏んでいる限りはシフトのショックも極少だから、動かす
ときは、よく気を付けなくてはならない。

さぁ!それではいよいよロールスロイスで出掛けよう!!

 

CIMG0671.jpg

中田宏さんの講演会

pict-Blog012.jpg

 

先日、中田宏・現横浜市長の講演会をお手伝いさせて頂きました。

当初は100席限定だったのですが、結局120席+補助椅子まで
出すという盛況ぶりで、皆さんの関心の高さが伺えました。

当日お越し頂いた弊社のお客様方にも、大変好評を得ることが
出来て、スタッフ一同、ホッと胸をなでおろしている次第です。
ご参加頂いた皆様には、厚く御礼を申し上げます。

 

丑年だけに・・・

ランボルギーニのマークと言えばファイティング・ブル。
以前は純正のキャラクターとして、BULLINOという
凝ったぬいぐるみがありました。今も有るのかな?

 

pict-Blog002.jpg

 

 

おかげさまで・・・

fanta0207.jpg

今日は2月7日。早いもので、このお店も昨年8月7日にオープン
してから半年になりました。

これまで弊社を支えて下さったお客様には、厚く御礼を申し上げます。


リーマンショックから派生した経済危機で、世の中暗いニュース
ばかりがクローズアップされています。
でもそのお陰で、少し前までは高嶺の花だったアノ車やこのクルマが、
"手が届く範囲"まで近付いてきたと言うことで、沢山のお客様から
お問い合わせやリクエストを頂いております。

賢いユーザーは、今が"買い"だと知っているんですね。


我々クルマ好きにとっては、人を好きになるのと同じように、クルマが
好きという気持ちは止められないし、変わらない。

弊社は、これからもクルマを愛してやまない皆様のお役に立てるため、
日々の努力を重ねてまいります。

Keep the Dream alive !!

どうぞお気軽にご来店のうえ、何でもご相談くださいませ。