怪鳥現る

sls034.jpg

最近、まわりで話題になることの多いメルセデスの
フラッグシップ、SLSがやって来た。

2時間程だけれど、雨の中を走らせてみたので、
軽くインプレッションをお届けしたい。
以前から気になるクルマだったのだが、今回やっと
乗せてもらえることとなったのだ。

低い位置にあるドアノブを引き、怪鳥の翼を開けて
乗り込むと、広くはないが、機能的で快適な空間が
拡がっていた。


sls017.jpg


SLSと言うと、伝説の300SLガルウイングのデザイン
を活かしたレトロ・モダンなイメージが先行している感
が否めないのだが、いやコレ、正直SLRマクラーレン
より乗り降りしやすくて、全然イイです。

サイドシルもあまり広く感じないし、視界が良いから
閉塞感も無くて、街乗り車としてもサイコーだわ。


sls018.jpg


後ろにまわってトランクを開けてみると、天地は低いが
幅・奥行き共に広くて、まぁ実用上も普通に使えそうな
スペースが確保されている。

あ。ちなみにワタクシ、長年カウンタックと付き合って
いるが故に、基準が『カウンタックに比べて』となって
おりますので、そこんとこ宜しくお願いしますね。

sls016.jpg

前から見たエンジンルームはひたすら長く、AMG社
ご自慢の571psユニットは、のぞき込まないと見えない
ほど低い位置に搭載されている。

全長4640ミリのうち、約2メートルがボンネットなのだ。
ノーズの中は、本当に意味無く長くてカッコイイ(笑)。

それでは、あいにくの雨模様だが、SLSで出掛けよう。


sls043.jpg


いつもの裏道(すごく狭い)を抜けて、阪神高速に入る。
狭い路地でも乗りやすくて取り回しはラクだし、走行
モードをS+(スポーツプラス)にして全開を食らわせば、
通常の63ユニットよりも明らかに軽いレスポンスで、
濡れた路面でも強烈な加速を見せつけた。


sls048.jpg


八尾で折り返し、タイミングを見計らって少し空いた
近畿道で、もう一発上の高速域も試してみる。

ウヒャヒャ~、SLSって良いクルマです(喜)。
実用的だし、自家用にマジで欲しい!今買えないけど。


返却に行ったメルセデスのショウルームで、お約束的に
やってみましたよ、カウンタックリバース。

それがね。何とビックリ!カウンタックよりやり易い。

いまどきのベンツにリアモニターは標準装備なんだけど、
画面よりもはるかに見やすくて、寸止めもバッチリだ。

サイドシルの座りも良くて、まぁATにはガッカリするんだ
けど、それでも前後は見やすいし、シックリきました。

面白いのは、後ろより前のほうが見えやすかったこと。
何せノーズが長いからね。着座位置も低いし、ピッタリ
着けるには外から見るほうが都合いいのだ。


sls051.jpg


つ~ワケで、とっても気に入ったメルセデスSLS AMG。
誰か買って、早く下取らせて下さいな。(←オイ)