ボディカラーのトレンド

sls020.jpg

ボディカラーの流行トレンドって、有る。

何が発端か分からないが、ここ数年マットな
カラーが最先端を求める人にウケている。
まぁ好みにもよるが、こんなカラーを発見!
個人的に気に入っているSLS-AMG。

メルセデスに行ったら、こ・こ・こんなカラーの
SLSが入庫していました!


sls058.jpg


これね。何とカタログカラーで、普通にチョイスを
してオーダー出来るんですよ、有償オプションで。

正式にはAMGマグノ・モンツァグレーと言います。
少しゴールド寄りというか、キツネ色?っぽい感じ
のマットカラーで、表面もサラサラだ。

マットは他にもデジーニョマグノ・アナライトグレー
と言う、つや消しシルバーが用意されています。


う~ん、どうだかなぁ・・・。

個人的には磨きこんでピカピカ・艶々なのが好み
なので、このマットカラーには萌えないですけど。

最初に『ヒエ~、これが流行りか!?』って思った
のは、4年位前かな?ハーレーの試乗会で、標準
カラーでマットなブルーとブラックが発売されたこと。

昔、ルーフのコンプリートカーでNATOというクルマ
がオリーブ系のボディカラーに塗られていた。
それっていわゆる国防色で、確かにイカツイけど、
街乗りするのはど~よ・・・って気がしたけど。
まぁ時代を先取りしてたと言えば、そうかもね。

最近見たのはRRファントムと458イタリアのマット
ブラックに仕上げられたクルマ。
どちらも凄みが有ってカッコ良かったけど、それは
このSLSも含め、車種が特殊でスゴイから。

実際、手で触れると指の脂で跡が付くので、手袋
はめて触らないとタイヘンな事になります。
今では、マット色専用のガラスコーティング剤まで
開発されているのだそうで、進化しちょりますな。


これが一般的なクルマだと、途端にビンボ臭くなる
というか、塗装代をケチッて、缶スプレーで自分で
塗りました・・・って感じになるんだよね~。

でもね。よく見てハタと気が付きました。

このSLS、実は黄砂の跡みたいな感じで、非道く
ボディーが汚れていました。雨の後だったし。
それが、よく見ても汚れているのが分からないと
いうか、ゼ~ンゼン目立たないのですよ!!

それってもう、洗車しなくてもいいってこと?
うおおぉ、ズボラな人にはピッタリかも知れないぞ。


これから先も、つや消し色は拡がって行くのかなぁ。

自分はやっぱり、艶々でピカピカのほうがいいです。




sls036.jpg
ワイパー下側に見える汚れもボディ上では見えません