ロールスロイスで出掛けよう!の最近のブログ記事

夏といえば、昨年の7月に神戸で開催された、RRのファントム・クーペ
内覧会を思い出す。
これは、今まで色々出掛けてきたなかでも、もっとも素晴らしくて、
素敵で贅沢なレセプションであった。

phantom601.jpg

 

rolls501.jpg

行ってきました!コーンズ大阪南港サービスセンター。

いや~デカいよ、アメリカみたい。 凄いの何のって・・・。
素ン晴らしいです。多分、日本一の規模だね。
さすがはコーンズ様っていう工場でした。

rolls401.jpg

ご無沙汰している本項『出掛けよう!』のコーナーだけれど、
遠慮がちなリクエストをちょくちょく頂くので、ご希望にお応え
して、また続きをお送りしよう。



2月21日号のつづき・・・

そのようにしてファントムのエンジンが掛かったら、一応
少しばかりは暖機しよう。 
もちろんエンジンは丈夫なのだが、油圧制御が多いので、
いきなり走り出すより安定させるに越したことは無い。

コラムの右側にある華奢なシフトレバーを手前に軽く引いて下げ、
Dレンジに入っていることをインジケーターで確認する。

シフトレバーったってスイッチみたいなもので、フットブレーキを
しっかり踏んでいる限りはシフトのショックも極少だから、動かす
ときは、よく気を付けなくてはならない。

さぁ!それではいよいよロールスロイスで出掛けよう!!

 

CIMG0671.jpg

CIMG0641.jpg

<Q> ・・・さて、これは何でしょう!?

弊社の在庫で、一番多くのお問い合わせをいただいているのがファントムである。

この手のクルマ達は、出会いも別れも不思議な縁を感じるものが多い。

このファントムもまた、縁があってやって来た。

出掛ける先々で、老若男女を問わずに人が集まり、賑やかな騒ぎとなるのは
ガルウイング系ランボルギーニに引けを取らないクルマである。

rolls00.jpg