レーシング・ダイアリーの最近のブログ記事

rqs10466.jpg

2011年度スーパーGTのレギュラー・ドライバーが
決定しましたので、お知らせ致します。
rqs50824.JPG
 
 すでにオートスポーツweb等にて報じられている通り、
本年もアールキューズはスーパーGTに参戦致します。
 
 
私共はエントラント名"R'Qs モータースポーツ"として
既に主催者への年間エントリーも済ませております。
 
 
チームとしては、現在も様々な可能性を視野に入れて
関係各位との交渉を進めておりますが、詳細な体制を
公式に発表できるまで、今しばらくお待ちください。
 
今シーズンも、情熱のチームR'Qsに、皆様の温かい
ご支援の程を、何とぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
 
本項ブログでは、今後も様々なインサイドレポートを
お届けしたいと思っています。
 
どうぞお楽しみに・・・♪
 
 
 
 

fnt110115.jpg

通称ファンタと呼ばれている本項ブログをご覧の皆様、
いつもナゼだか多くのアクセスを有難うございます。
 
ブログとは、本来が日記形式であり、日々のリアルな
物事などに寸評つけて時系列でお届けする、というのが
スジなのでございます。
 
が、しかぁ~し、実は筆不精のワタクシ、昨年の春ごろ、
正確には『スーパーGTへの出場を勝手に決めた日』より
更新が皆無となって、早や本年が明けてしまいました。
本当にね、一生懸命色々やってて、完全に忘れてた。
 
ネタなんて正直なんぼでも有るのですよ・・・スミマセン。
 
 
そこで、お正月休み中、しこたまワインを飲みつつ反省
してみた結果、仕事始めの4日より一日一本、先ずは
100日間、継続してアップすることに致しました。
 
 
でね、昨年の春に遡って日々一本更新しちょります(笑)。
 
 
日付詐称?バリバリの後上げブログで申し訳ありません!
何せ、既成概念にとらわれないのが身上なもので。
 
ま、自白というより堂々と宣言しちゃうのが我ながら笑えて
しまいますが、それでもよろしければ、今後とも末永~く
お付き合いくださいませ。
 
特に<レーシングダイアリー>は、リクエストにお答えして、
ウチでのチーム結成から本番レースに到るまでを、かなり
赤裸々にお届けしております。 どうぞお楽しみに。
 
 
さてさて、今日はどこがアップされたか、さぁ探せ~♪
  
 
 
 
 
rqs240984.jpg
  
そして迎えた本番の日、緊張と不安、期待と歓声、
やっとここまで漕ぎ着けた達成感・・・。
 
現場では、忘れ物が無いかと常に張り詰めた気が
緩むことは無かったが、それでもチームウェアの
クルーがてきぱき動く姿を見て安堵した。
 

風よ鈴鹿へ

rqs230003.jpg

大親友を亡くし、悲しみに暮れた土~日を過ごしたが
月曜からは再び終日電話とメールの鳴り止まぬ日が
再開した。

第3ドライバーには、VEMAC使いとして経験豊かな
阪口良平選手が乗ってくれることとなった。
第3レースクィーンには、村西加奈恵が決定した。

そして迎えたレースウィークの金曜日朝、我々は全て
予定通りに鈴鹿サーキットのピットへと集合した。

千の風にのって

rqs220001a.jpg


46年間生きてきたけど、これほど泣いたことはなかった。
人前だったけど、涙もぬぐえず、ただ立ちつくしていた。

心の中に、ぽっかりと大きな穴が開いてしまった。

着々と準備は進む

rqs21011.jpg

今日もライアン鈴鹿ファクトリーに行ってきた。

すでに作業も大詰め、いよいよ形になってきた。

レースクィーン第2号

rqs20007.jpg

チームのレースクィーンの2人目として、
奥野奈緒ちゃんが決定した。

カラーリングのイメージ

 rqs19001.jpg

お盆前進行で忙しいデザイナー井上さんだったが、
レースに待ったは無いので、夜なべして仕上げて
くれたカラーリングのデータがコレだ。

マシン・カラーリング考

rqs18291.JPG
 
 
ライアン・レーシングとパートナーシップを組むことで、
我々の目標は一気に実現へと突き進んだ。
 
もう迷いなど一切無い!
このままスターティンググリッドへとまっしぐらだ!!!
 

rqs170039.jpg


マシンが出来ても、未だ決まらぬ陣容に、和田さんも
オレもイライラと気をもむ日々が続いていた。

ペイントワークが終了

rqs141317.jpg


実はペイント中も色々あってバタバタしたが、
職人達の努力が実って全塗装が完成した。

参加承認がおりる

rqs14004.jpg
 
先週末も、菅生ではGT第5戦が開催され、熱いレースが
繰り広げられていたが、我々は未だに大阪でまとまらぬ
準備に追われていた。
 
 

レースクィーン第一号

rqs140904.jpg

チームのレースクィーン第一号が決定した。

オールペイントへ出発

rqs11315.JPG
 
来月に差し迫った、スーパーGT第6戦となる
『ポッカGTサマースペシャル』には、何としても
出場したい!!
 
しかし、既に本番まで約一ヶ月となっていて、
休眠マシンを復活させるだけでもギリギリの
スケジュールとなっていた。

rqs12393.JPG
 
スーパーGTに新規チームとして参戦するには
GTAにて面接を受けなくてはなりません。
 
かねてからエントリー手続きを進めてきた我々も
ついに面接を受ける日がやってきました。
 
rqs9018.jpg

大師匠様のところへと運び込まれたマシンは、
メカニック達の手によって各部のチェックと共に
休眠中に積もっていた埃や汚れも綺麗にされて、
レーシングカー特有の、ドスの効いた鈍い輝きを
取り戻していた。

名誉大監督の登場

rqs230018.jpg

和田さんのお付き合いより、我がチームの監督として
中山泰秀氏が就任することが決定した。

中山泰秀 公式サイト

VEMACを持ち帰る

rqs7037.jpg
 
ともあれ、何とか商談はまとまった。
 
そうとなったら、チャッチャと動かなきゃ~♪
  

VEMAC富士テスト

rqs6256.jpg

細かな打ち合わせを繰り返しながら、ついに
富士での走行テストの日がやってきた。

VEMACを買う!?

rqs4162.jpg


『そんな事で、とにかく見に行ってくるわ』

お話を進めてきた支援者の後押しにより、
事態は一気に進展をみせようとしていた。

迷走は続く・・・

rqs3052.jpg


スーパーGTシリーズは、既に第3戦富士を
終了していたが、我々は未だに先の見えぬ
努力を続けていた。

大師匠様のところへ

rqs2011.jpg


「とにかく、やれると信じてガンバロウ!」

自分達でスーパーGTへと参戦するチームを立ち上げるため、
和田さんと2人で奔走する日々が始まった。

スーパーGTに参戦!?

rqs157.jpg


「スーパーGTに参戦する・・・!?!?」

そんな話が持ち上がったのは、実は今年の開幕戦
となる週の、レースウイークに入ってからだった。