小さい頃からの夢が、家を建てたら壁に大きな扉をつけて土間を敷き、リビングの中に クルマを入れて、本当に一緒に暮らしたい・・・というものだった。
そうすれば、気温や時間、台風だってお構いなしでワックス掛けも出来るし、 何やかやメンテナンスも出来て、疲れたらそのまま寝られるという、四六時中クルマと過ごす、理想的な生活が送れると思っていた。

現実的には未だ戸建ては建てられていないのだが(トホホ・・)、一応それらしきガレージを作ることには成功し、個人的ガレージライフを満喫させてもらっている。

そのように、私は以前から実践しているのだが、5年ほど前から、ガレージライフという専門誌も発行されていて、いまやガレージングは確実にムーブメントになっている。
 http://www.garagelife.jp/
さて、これまで親しい友人だけにしか見せなかった、極私的マイガレージなのだが、弊社HPを見てくださってるアナタには少しだけ公開しよう。

実はここの影響を受けてガレージングを始める連中が続出し、私もその都度に呼び出されては、何かとアドバイスをさせて頂いている。

私は自分で出来ることはDIYで行うので、ここには書けないビックリ安コストで各部を仕上げてしまうため、業者よりよほど頼りになるんだってさ(苦笑)。

他人には見せられないものも色々あるが、愛車を楽しむ生活の参考にして頂ければ幸いだし、モチロン多少は相談にのることも出来る。


エエッ!? そりゃ弊社でお買い上げのクルマを入れるガレージなら、私の人脈をフルに駆使してでも全面的にご協力させていただきますとも。

あ、その時の私の手間賃なら、缶コーヒーで大丈夫よ♪
クルマはもちろん、ガレージだってその人の個性が表現されます。
テーマ付けから演出、実用性なども良く考えて進めましょう。

ガレージングには、最後までゴールはありません。

そこでどれだけ楽しめるか、仲間とどれだけ盛り上がれるか、どこまで実整備等を行うのか。それはグレードアップへの果てしない旅なのです。

さぁ、貴方ならどんなガレージライフを送りたいですか?
私の場合は、『クルマ快楽主義』がカーライフの信条です。

好きになったクルマは猛牛系が多いので、それはそれは様々なものを世界中から収集し、コレクションしています。
あなたもテーマを決めて、ご自身のパラダイスを構築して
下さい。

ガレージで楽しめるものは、クルマだけにとどまりません。
オートバイや自転車、ギターにカメラ・・・あらゆるものが
楽しめる、それが貴方のおもちゃ箱、ガレージなのです。


弊社で扱っている“商品”はクルマですが、売っているのは“男の夢”です!

さぁ、これから一緒に楽しみましょう〜♪
 
 
Copylight © 2009 MYTHOS PRESTIGE All rights reserved.