ミュートス代表インタビューのご紹介

 1/3

先日、弊社代表はPRマーケティングの第一人者である 有限会社ウィンビット代表の弘中勝氏に、仕事に関する取り組み等について、あるメディアでのインタビューを受けました。 弘中氏の許可を得て、ここにその内容をご紹介致します。

有限会社ウィンビット 弘中 勝 さんのご紹介
http://www.winbit.biz/


各業界で活躍されている会社・お店にお伺いして、その考え方や話題をお聞きするインタビューコーナー 「各界第一線」。
他業種の第一線の方々は日常どんなことを考えているのか、これまでにどんなことがあったか、などの話から、自社ならばどうするか、自社で何か活用できることはないかを考えてみましょう。



今回は、大阪府豊中市にある輸入車販売店ミュートスプレステージさんを訪問しました。スーパーカーは一流のステータスの証。細やかなメンテナンスや的確なアドバイスに定評のある同店は、一流のステージの方々から大きく深い信頼を集めており、著名人をはじめ全国から高級車ファンが集まってくるお店です。そのミュートスプレステージの代表を務める、この道ひとすじ25年という佐川雅彦氏に、自身のお仕事の考え方やプロフェッショナル論、また業界のお話など様々なことをお聴きしました。

<今月の第一線>


ミュートスプレステージ
佐川雅彦 氏

 


学生時代から輸入車の販売やメンテナンスを手がけ、自動車業界に長く携わり、2008 年8 月より輸入車販売店ミュートスプレステージ代表。
「モーターライフクリエイター」として活躍。

 

このお仕事を始められた原点というのは何でしょうか。

幼少の頃に買ってもらったディズニーの『青い自動車』という絵本です。愛情の無いオーナーや泥棒にぞんざいに乗り回されてスクラップ置き場に送られた青い自動車スージーが、自動車好きのトムという青年に修理されて再生され、新車の頃よりも幸せに走り出すというストーリーなんですが、今自分の仕事を振り返ると「自分はトムになりたかったんだな」と思います。

 

そんな小さな頃から、自動車に対して大きな興味があったんですね。

それからアニメ『マッハGO!GO!GO!』が放映されて夢中になり、『サーキットの狼』という漫画でスーパーカーブームが起こって熱狂したりしました。その頃からパワーが有って速いクルマが大好きで、免許を取ってからは安いクルマをチューニングしたりしていましたが、二十歳までには一生自慢できるクルマに乗りたいと思って、大学に行きながら常に3つの仕事を抱えるほど一生懸命働いて、19 歳の時にシボレーカマロを買いました。とにかくクルマ好きというのが高じて、知人の車の修理などを請け負ってあげたりしているうちに、気がついたら自動車屋になっていた、という感じです。

 

学生の頃から、もう既に自動車のお仕事をされていたわけですね。

「あのクルマ好きの佐川にまかせておけば車もきっと幸せだろう」と、みんな車を預けてくれていましたね。
それで23 歳の時に勢いだけで独立しました。当時はまだ一般的ではなく高かった携帯電話を買って「いつでもつかまる便利なクルマ屋」として、車に関する様々な仕事を頼まれていました。バブルの頃に第2次スーパーカーブームが来て、高級車が投機対象として買われていたんですが、それを「乗れないから預かっといて」と委ねられたりしたんです。「佐川さんが良い車だと言うんだから、それを買う」と言って、一度も車の実物を見ずにお金を振り込まれる方も多いのですが、それは今でも変わりませんね。

 

もはや、単に「車というモノを売っている」だけの商売じゃないですね。

たとえば高級なスーパーカー等は、一般的感覚で言えば「生活の役には立たないもの」です。でも、クルマ好きの人にとっては「自己実現」だったり「無限のパワーを与えてくれるもの」なんですよ。普段使う実用車とは違って、仮に地球上からガソリンが無くなっても捨てずに置いておく、芸術品のようなものと言うか。だから、ウチで扱っている“商品”は車だけど、売っているのは「夢」なんですね。このクルマを買ったらどんな楽しいことが起こるんだろう、というような夢やロマンをお届けしているんです。

 

確かに、自家用車や社用車を買う感覚とは全く違いますよね。

サラリーマンでもローンを組んでこういうクルマに乗ることが許されるのは、日本だけなんですよ。 欧米でフェラーリやランボルギーニなどを持って乗っている人は、城みたいなところに住んでいるような本物のお金持ちが多い。街中では誘拐されたりするからあまり乗らなくて、裕福で安全なエリアだけでしか乗りません。
まぁ高級外車を持つということ自体が、そういう一流の人たちに相応しいステータスにも触れるということです。
ボクの仕事は、言わばその「夢の実現」へのお手伝いです。

 

ミュートスプレステージの店舗外観。豊中市の阪急宝塚線沿線にあり、電車で通勤をしている時に車を眺めていて土日に店に訪れるという会社員の方も多くいらっしゃるとか。また全国各地の外車ファンが遠くから集まってくるそうで、この日も北陸からお客様が見えられていました。

 

 

    

 
Copylight © 2012 MYTHOS PRESTIGE All rights reserved.